お知らせ

2017 / 02 / 06  06:01

炭酸クレンジングのオススメ

炭酸クレンジングの効能とは??

 

炭酸シャンプーは、二酸化炭素と水でできています。二酸化炭素といえば、人体には必要のないもの。

 皮膚に触れると、窒息状態になり、毛細血管を拡張し、酸素を一刻でも早く取り入れようとします。

心臓に負担なく毛細血管の血流を増加させ、新陳代謝が良くなる。

→つまり老廃物を促してくれる!

なかなか普段のシャンプーで落ちない汚れを毛穴の隅々まで落としてくれます!!

 

活性酸素を除去

 

 

毛髪の形成に必要なアミノ酸のバランスを崩し、髪の毛のダメージの原因となる活性酸素。

毛母細胞を攻撃したり損傷させたり、毛穴を塞いでしまうことで抜け毛や薄毛に繋がる、、、などなど髪の大敵となる活性酸素を100%除去します!!

 

髪の毛のph値を弱酸性に戻す

 

 

通常健康な髪の毛であれば、肌と同じように弱酸性ですが、日常生活で髪に与えるダメージ、紫外線などの影響で、少しずつアルカリ性に傾いているかも。。。

 

また、カラーやパーマなど薬剤の影響でアルカリ性に傾いて、そのままにしてしまうと、ダメージの原因になったり、持ちを悪くしてしまいます。

 

炭酸クレンジングをすることによってそれをもとの弱酸性に戻してくれる効果があります!!

そして、カラーやパーマの持ちを良くしてくれます!

 

トリートメントの浸透を良くしてくれます!

 

 

炭酸クレンジング後素髪に戻った状態の髪にトリートメントをすると、ぐんぐん吸収していきます!

そして、根元がふんわりたちあがり、サラサラの手触りの仕上がりに!

 

 

ぜひ!試したことない方はやってみて下さい

期待以上の効果がみられますよ !!

 

炭酸クレンジング      1080円

2017 / 02 / 05  13:21

井口 倉石 産休のお知らせ

井口  3月20日~7月20日まで

倉石  3月20日~来年の3月20まで

 

出産のためお休みさせて頂きます。  体調によっては日程が前後することもありますので予約はご確認ください。

 

ご理解、ご協力宜しくお願い致します。

 

 

 

2016 / 11 / 18  17:22

髪が重いと感じる方へ

髪が重いと感じる原因は毛量が多いという問題だけでなく、 実はシャンプーとヘアケア剤のバランスが悪く、髪にシリコンや油分の蓄積で重さが残り『重い』と感じてしまうことがあります

 

手触りの問題です

 

*脂性でクセが気になる方に多いかもしれませんね

 

その場合、いくら毛量を減らしても重く感じてしまうし、結果まとまらなくなり、よりしっとりするものを選んでしまうということになり逆効果です

 

市販のシャンプーの中には、しっとりするものからサラッとする軽いものまで種類は数多く、何が自分に合うのかわからず選んでいませんか?

ダメージが気になる!…じゃあ、しっとり系のシャンプー!!は間違いです

 

アウトバストリートメントもオイル、ミスト、ミルク、クリームなど種類豊富です

 

今使っているものすべて変えるのは難しいですよね!!??

 

現在お使いのシャンプーの特性を知ることや、つけるものの量、つける箇所を直すだけで改善されることもあります

 

あれもこれもとつけてしまう方・・・

まずはシャンプー&リンス後、何もつけず乾かしてみて、仕上がりの状態を感じてみてください

 

ちなみに、リンス<コンディショナー<トリートメントの順に重さが変わります

なじませるのも根本は避けて中間から毛先につけてください

 

乾かした髪の状態で重さが足りないようならここでアウトバストリートメントで調整します

 

ヘアケア剤も種類によって重さも変わります

すべて紹介しきれませんがオイルでしたら1プッシュから試して足りないようなら量を増やすか、物足りなさを感じるようならクリームなどもっと重さが出るものに変える

 

自分にあった量とものを見つけるといいと思います

 

ヘアケア剤の量がわかれば、乾かす前につけたほうが効率もいいし、ドライヤーの熱から髪を守ります

 

 

それでも改善しないようならデトックススパや炭酸クレンジングで髪に付着したシリコンや皮脂汚れを落とし髪を素髪に戻すだけでトリートメント以上の効果が出ることがあります!

 

そもそも、シャンプーきちんと泡立っていますか? 

 

先程もお話しました今はノンシリコンシャンプーが主流ですか、ヘアケア剤の中にシリコンたっぷりなものは多いですよ!

それなのに洗浄力を抑えたシャンプーで髪を洗ってもシリコンは蓄積されていきます

 

すると髪に重さやベタつき感がのこるような髪になってしまうのです

 

想像つきましたか?  

 

このような悩みを感じている方。

いくらトリートメントをやっても改善されない方。

 

 

ご相談くださいm(_ _)m

2016 / 11 / 14  11:56

乾燥対策

乾燥の気になる季節です。

髪のパサつきも気になりますよね?

パサつきの改善方法を紹介します

パサつきの原因で1番に考えられるのが、ドライヤー施術時に起きるオーバードライです

乾かし方のむらがあったり、髪とドライヤーの距離が近すぎると

 

熱による髪の負担がかかりやすくなります

パサつきを抑える方法それは・・・

ドライヤーの熱の温度を60度位の低温にする事

 

一般で購入できるドライヤーは120度の熱を出します

 

イオンドライヤーなどの低温で早く乾くものをお勧めいたします

 

またアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)の併用もオススメします

sceneryでもお馴染み、モロッカンオイル

アルガンオイルの効果で

 

熱に強く、保湿性に優れており乾かすスピードが速くもなります

 

使用するものを変えるだけで髪質は確実に改善していきます

 

まずは使ってみてください

 

乾燥、パサつきがさらに進行すると枝毛になります

 

枝毛は水分が髪になくなり裂けてしまう状態です

 

一番の原因は家で使用されているシャンプー剤トリートメント剤の間違いです

 

洗浄力の強いシャンプーは絶対に使用しないでください

 

より水分が飛ばされ枝毛が増殖してしまいます

シャンプーは栄養分、保湿力高いシャンプーを選んでください

 
 
 
髪には自己修復作用がありません
 
一度ダメージを負った髪は放っておくとどんどん傷みが進行します
外から栄養を与えない限り修復は不可能です
ですからトリートメントは必要不可欠!!
ヘアケアのプロである私達にご相談、お任せください! !
 
現状を診断し対策をわかりやすくご説明いたします!
 
 
カラーの対策もご紹介します
秋冬に髪の色がキンキンしてると、それだけで傷んでパサついて見えます

 

過度な退色しているという事は基本黄色主体のお色になっているはずです

 

まず、カラーをやる際に

 

赤味のあるブラウンをベースに使用します

 

寒色系、アッシュ系のお色はなるべく避けることをお勧めいたします

 

常時寒色系のお色の方も1度赤味を使用することで髪のツヤがアップし

 

健康な状態になることが体感できます。

 

1度赤味のあるブラウンを使用しても常時寒色系のお色をされている方は

 

ベースが黄色、青、緑の色が残留しているので赤みがちょうど程よいブラウンになるはずです

 

季節関係なく、カラーの退色でお困りな方はご相談ください

2016 / 11 / 10  11:00

気になる匂い

パーマをかけていて、匂いが気になったことはないですか?

 

あの独特な パーマのムッとするようなにおい、あれは実は最初につけるパーマをかける薬、一液というのですが、その中に含まれている薬剤と、髪が反応した時に出るにおいなんです!

 

もう少し詳しく説明すると、においはパーマに欠かせないシスチン結合という結合という結合があるのですが、それを切っているにおいなんです!

 

最後にうける二液というパーマを定着させる液をつけたあともこのにおいがある間は、一液で切れた結合がまだ完全に結びついてない証拠です! 髪の中の変化、切断、結合は人の肉眼で判断がつかない変化なのです!

 

なので、この特有なにおいが消えたかどうかで最後の二液が作用してるかどうかを確かめるひとつの目安になります!

 

 

二液はしっかりムラなくつけることでパーマの持ちがよくなり、においの軽減にもなります!あとは、結合が不完全なまま外して流してしまうと、においが残ってしまうのと、髪のダメージにもつながるので、僕らが注意するポイントです!

 

いろんなパーマの種類があり、薬もたくさんあるので、一人一人のお客様に合わせて、薬剤選定であったり、なりたいイメージで適切なパーマをかけていってます!

 

それに加えて、パーマをかける前の前処理トリートメント、中間にする中間処理トリートメント、外したあとにする、後処理トリートメントなど全部お伝えするとキリがないので、何かご不明点がございましたら、なんでもお申し付けください!

1 2 3 4 5


友だち追加